慌てず、迅速に。それが貴方のデータを守る方法です。

水没後はショートを防ぐために早期に電源を切る

落としてすぐには故障しない

水没させたら、すぐに水が浸透して故障すると思っていますか。実はそうではないのです。スマホをよく見てください。電子機器が硬くしっかりとした外装に覆われていますよね。この外装のおかげですぐに水が中に入り込まないようになっているのです。精密に作られていればいる程、内側に水が入り込みづらい状況になっています。つまり、水没したからといって、すぐに水が危機に浸透しショートするというわけではないのです。
だから、慌てる必要はないということです。水没したら、水から引き上げて電源を切る、これで良いのです。そのためには「慌てなくてもすぐに故障しない」ということを知っておくことが大切です。すぐ故障しないのなら、慌てる必要はないわけですから、操作して確認するなんて行動に出ることもなくなるのです。

電源は早期に切る

とはいっても、なるべく早く電源を切りましょう。いつまでもつなげておくことは良い方法と言えません。でも、どうして電源を切る必要があるのか、水分を除去出来たら、操作できるんだったら問題ないでしょ?と、思っているとそのスマホは、数分の後に故障を起こす可能性がありますよ。水分と電子機器が触れて直後にショートする場合もありますが、じわじわと浸透した水分によってショートしたり、通電しなくなるという可能性もあるのです。いつまでも電源を付けたままにしておくとこうした事態に至ってしまいます。
ですからまずは電源を切り、通電していない状態にすることです。この状態なら電源が落ちているわけですから、ショートするおそれは無くなります。通電しても問題ない状態に至るまで休ませてあげること、それが水没後にもスマホを救う方法と言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る